事業紹介 | 鹿児島水産センター株式会社は、薩摩アワビの陸上養殖を中心に行っている南さつま市の会社です。漁業体験・研修活動等も行っており、漁業・水産業の活性化を目指して活動しています。

事業紹介

アワビ陸上養殖システム事業

エゾアワビ養殖

環境保全型「複合エコ養殖システム」と地域の廃校活用を目指し、
陸上でエゾアワビを養殖します。
これは、広域連携ネットワークの形成・食文化の推進・水産業活性の向上・
水産研究生の受け入れ、第6次産業化への展開、幅広く総合的に進展します。
21世紀を築く地方創生の先駆者として、
地域創生活性化・循環型社会の形成を目指します。

環境保全型複合エコ養殖の概念図

第6次産業創出を目指した地域食ブランド

・踊アワビ
・燻製アワビ
・アワビの蒲鉾
・アワビの餃子  など

・踊アワビ ・燻製アワビ
・アワビの蒲鉾 ・アワビの餃子  など

半形真珠
アワビ稚貝の殻に蝋を流し込んでつくった半球状の核をクロアワビの貝殻内面の平たい部分に接着させてつくった真珠のことで、「半円真珠」とも呼ばれる。

自然体験や人・地域との交流、第六次産業「食農」「漁食」「工芸」などの体験活動を定期的に開催していきます。
次世代を引き継ぐ子ども達に自然環境問題や社会問題、農山漁村の活躍、地域の魅力など、伝統・文化、学ぶ力を養っていきます。

PAGE TOP

© 2017 Kagoshima Fisheries Center Corporation
All rights reserved.