2019.6.4南さつま産品コンクールは「薩摩あわびの黒酒煮」を出展しました | 鹿児島水産センター株式会社は、薩摩アワビの陸上養殖を中心に行っている南さつま市の会社です。漁業体験・研修活動等も行っており、漁業・水産業の活性化を目指して活動しています。

鹿児島水産センターからのお知らせ

鹿児島水産センターからのお知らせ

2019.6.4南さつま産品コンクールは「薩摩あわびの黒酒煮」を出展しました

お知らせ

2019.06.04

さて、令和元年の南さつま産品コンクールでは新商品である「薩摩あわびの黒酒煮」を出展しました。
活きたあわびを黒酒煮と水でじっくり煮込み、おいしく仕上げました。騙し煮の一つで、じっくりことこと煮込んでいます。騙し煮!騙し煮!・・・・・。なんで騙し煮なの?いったいに何に騙されているの?と疑問に思うかもしれません。

その理由をご紹介します。実は、あわびは日光欲が大好きでポカポカ気持ちよく感じてしまうものなんです。その気持ちよさを弱火で再現しながら、日光浴をしているかのように錯覚を起こしておいしく仕上っていただいております。

販売までにもう少し期間が必要ですが、ふわふわしているけれども一部はコリコリしている不思議な食感を部位ごとに味わえるそんな商品に仕上がっています。
冷凍で販売なので、保存がきき食べたいときに湯で解凍してすぐに食べられちゃいます!

PAGE TOP

© 2017 Kagoshima Fisheries Center Corporation
All rights reserved.